「野良猫の繁殖」について

ご意見・ご要望


最近、外周道路の付近のカーブの所で猫に餌を与えている人達がいて、かなりの数に繁殖しています。コノ猫は、ゴミ収集日には近所の家庭ゴミ袋を破り散らかして困っております。動物保護法もあり個人ではどうもできませんし、付近にどなたか餌やり禁止の札を付けていますが、餌やりは常態化しています。人間を怖がらず、猫が道路にも出てきて、車の急ブレーキなども有りとても危険です。子供達も夏休みで虫取り等していますので、猫に引っかかれたら、菌への感染の危険性もありますので、駆除をお願いします。

回答


「野良猫の繁殖」におけるご意見・ご要望について糸満市市民健康部市民生活環境課よりお答え致します。
まずはじめに、無計画な猫への餌やりを行っている方々の行為に対して、地域住民へご迷惑をおかけしている事を深くお詫び申し上げます。
野良猫においては動物愛護法で守られており、むやみに駆除することが出来ない状況にあります。しかし、地域の美化や環境などの配慮においても野良猫の繁殖に伴い地域環境が悪くなるような迷惑行為を容認するわけにはいきません。
行政としても餌やりをする方々へ指導をするとともに看板などを設置し周知喚起を実施してまいります。
略儀ではございますが、取り急ぎメールにてご連絡申し上げます。

 

お問い合わせ


市民生活環境課
生活環境係
電話:098-840-8124

前のページへもどる