「保育園の制度」について

ご意見・ご要望


私には息子が2人います。上の子は認可園に受かり今保育園へ通っています。私は職場復帰し、下の子は無認可園へと入園させました。上の子の保育料と下の子で私のお給料は消えてしまいます。夫も職場が変わり国保に切り替わり、収入も減りました。国保に切り替えた後、今の職場で社保になるまで前の職場の社保が使える?制度のようなものを知りました。市役所では説明されませんでした。国保へ切り替えてしまったためもう社保にも戻せないと言われました。月々のローンの返済、生活費等ですら払えるかギリギリ。税金関係は今一切払えてない状況です。10月からの保育料無償化の件でも何度か問い合わせをしましたが私たちの世代は非課税世帯でないために補助を受けられないと言われました。いつ次男が認可に受かるかもわからないのに毎月マイナスの生活を続けるには限界があります。どうしたらいいのかと電話しても、他にも待機されてる方がいらっしゃいますので、との事でした。
矛盾だらけの説明で納得がいきません。

回答


ご意見に対して回答させて頂きます。 ご相談内容にあります認可保育所の保育料は、平成314月~令和元年8月までは平成30年度の市町村民税に、令和元年9月~令和23月までの保育料は平成31年度の市町村民税に基づき算定することになっております。よって、現在の収入が下がった場合、次年度の保育料算定の基礎となりますのでご理解のほど、お願いいたします。しかしながら、急な収入減(3割程度)や病気による医療費の増額などの場合には保育料減免制度もございますので、ご要望に応じて、窓口でご説明させて頂きます。また、10月以降の幼児教育・保育の無償化につきましてはお見込みとおり、市町村民税の非課税世帯又は、35歳児が対象とされております。 待機児童につきましても、保育士確保に向け、合同就職説明会や無料講座などを通じて対策を行っており、少しでも多くの児童が受け入れ出来るよう、これからも対策して参りたいと思いますので、ご理解のほどお願いいたします。

お問い合わせ


保育こども園課
保育こども園係
電話:098-840-8131

前のページへもどる