「美々ビーチいとまんの砂」について

ご意見・ご要望

 

貝殻調べを趣味としています。
4月から、美々ビーチいとまんで打ちあがっている貝を調査しているのですが、名前のわからない貝が数点あります。

古宇利島のシェルミュージアムや風樹館も行ってみましたが、ヒントにつながる手がかりはありませんでした。

日本近海でみられる貝の図鑑に載っていないような、南方系のものかと思われるのですが、砂と一緒に貝殻も運ばれてきた、と考える方が納得な産出物が明らかにあります。

たしかパブリックビーチの砂は、沖縄の離島あたりから運ばれてきたものだ、と聞いたことがあります。

美々ビーチいとまんの砂は、どちらからは運ばれてきたものなのか、もしわかりましたら教えてください。
「水納島」等の島名でもわかれば嬉しいのですが、「○◎の浜」や「○◎海岸」等わかるともっと嬉しいです(*´▽`*)

わかる範囲でいいので、よろしくお願い致します。 

回答

 

いつもお世話になっております。
お問い合わせいただいておりました内容について回答させていただきます。
美々ビーチいとまんの砂につきまして、採取位置を確認したところ、直近では平成27・28年度に養浜工事を行っており、その工事の際は「渡嘉敷村前島南東沖海域」、「糸満市糸満沖周辺海域」から採取された海砂をビーチ砂浜の砂として利用しております。
現状ではこれ以上詳細な採取場所の特定が難しく、おおまかな位置となりますがご理解をお願いいたします。
お役に立てるかわからず大変恐縮ですが、貝殻調べにご活用いただけたら幸いです。

以上となります。
今後ともよろしくお願い致します。 

お問い合わせ


海人課
水産振興係
電話:098-840-8247

前のページへもどる