「コロナウイルス対策での学校休校」について

ご意見・ご要望

 

豊見城市・南城市など近隣の市はある程度の期間を設定しての臨時休校となっております。

政府は協力要請であって休校は市町村が決めることと言ってます。

糸満市ではどういう協議を得て4月6日と決定したのでしょうか。 

回答

 

この度は、施政等に対するご意見・ご要望を頂きありがとうございました。

糸満市では、令和2年2月27日に開催された新型コロナウイルス感染症対策会議にて、内閣総理大臣より国内感染拡大を防止するため全国の小中高校、特別支援学校への臨時休校の要請があり、それを受けて2月28日(金)臨時の校長連絡協議会を開催し、①政府の要請受入の有無、②臨時休校の期間を議題として協議を行い、学校長の意見も踏まえ3月2日(月)から春休み前の3月24日(火)までを臨時休校と決定しました。

3月25日(火)から4月6日(月)までは春休み期間であるため、実質的には、最長で3月2日(月)から4月6日(月)までが休校となる可能性があります。先に保護者の皆様に通知した文書では、万が一感染が拡大し学校再開が春休み終了までずれ込んだ場合の最悪の状況を想定して最長期間を示しています。今後の状況を見ながら期間を短縮する場合もあることは当該文書の中でも示しているところです。

市民の皆様には、多大なご負担とまた通知した文書等の内容に説明不足の点もありご迷惑をおかけしていることに対しお詫び申し上げます。

何卒、新型コロナウイルス感染防止対策の臨時休校措置に対してご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

お問い合わせ


学校教育課
電話:098-840-8165

前のページへもどる