糸満市広報に記載された件について

ご意見・ご要望


こんにちは。
昨日、糸満市広報が届きましたので拝見させて頂いたところ非常に落胆した内容が記載されていました。
いすのき通りから琉銀支店、ローソン南近隣公園前にかけての道路について、道路舗装されるとのこと、これはいかがなものかと思っております。
というのも、この通りはセブンイレブンの交差点に繋がっているのですが、そこから入ってくる車がすごいスピードで走っているからです。セブンイレブン側からちょうどカーブに差し掛かったところで琉銀支店前交差点の信号機が見えてしまうので、そこが青信号の場合はものすごいスピードで車が走ってくるのをよく見かけます。
今はそのカーブ辺りがデコボコしていますので、それを知ってかそこで減速するのですが、今回この付近を舗装工事して平坦にするとのこと、もしそうなれば減速せずに猛スピードで走ってしまうのではないかと危惧しています。また、近くに保育園、高校があり、その通学路にもなっています。この辺は横断歩道もないのでとても危険です。もし、道路舗装をするというのなら、その辺考慮し、比較的横断する方が多いローソン前に横断歩道や減速帯の設置をお願いします。
実は、この件については数か月前にもこのお問い合わせに投稿しておりました。
今回のこの広報誌の内容を見て本当にがっかりしました。
車に乗っている人だけではなく、付近の住民の意見も聞いて下さい。
是非ご検討をお願いします。

 

回答

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

標記につきまして建設課から回答させて頂きます。
現在、糸満市建設課ではローソン前の道路(市道ガタ原線)を含む6路線の舗装修繕を予定しており現在設計を行っているところであります。
現状のガタ原線は波打った状態になっており、放置しておきますと事故を誘発してしまう恐れがあることから、舗装を修繕いたします。
車両に対してのスピード抑制対策といたしまして、減速を促すための路面標示等を検討してまいります。 
今回はご指摘ありがとうございました。

 

お問い合わせ


建設部 建設課

840-8138

前のページへもどる