• トップ
  • 糸満市のみどころ
  • おすすめコースガイド
  • 交通アクセス

今が旬!マンゴハウスを見学

2013年7月11日

今が旬!マンゴハウスを見学

 

マンゴが収穫期を迎え、手頃なものから贈答用までお店でマンゴを見る機会が多くなりましたね。
今回、市内のマンゴハウスを見学してきましたので、お伝えします!

 

6~7月が収穫期のマンゴは、βカロチンが豊富で抗酸化作用があり、老化抑制や美容と健康維持にも効果的とのことです。
国内の生産量の半分は沖縄県で作られています。
よくみる卵型のマンゴがアーウィン種の”アップルマンゴ”とよばれ、国内では90%以上はこの品種らしいです。

 

マンゴハウス.JPG

(朝陽を浴びるマンゴ)

 

朝6時前。。。涼しいうちから収穫を始めます。
マンゴの実がついて重くなっても、陽にあたるように茎の部分をところどころ紐でつるしてありました。

 

袋のマンゴ.JPG

大切なマンゴは、落下して傷がつかないように、袋でひとつずつ包まれています。

 

マンゴ.JPG

袋の中身を見せてもらいました!↑まだ、赤くなっていないので、もう少し時間が必要。

食べごろになるといい香りがして、袋の外からも赤く見えるのでわかるそうです。


見学しているときにも「ガサッ!」と音がして、マンゴの自然落下を目撃しました!
↓自然落下したものはもう食べごろ!
食べごろマンゴ.JPG

切り口から甘い汁がわき出ています。

汁で汚れないように切り口を下にして、並べていました。

収穫マンゴ.JPG


取れたマンゴを丁寧に拭いて、取材班も箱詰めまでお手伝いしました。

 

箱詰マンゴ.JPG

 

おいしいマンゴの見分け方は、

”皮に張り・つやがあり”、”色鮮やか、シワや斑点が少なく”

香ばしい匂いがあり”、”ふっくら”しているんだそうです。

 

この夏、おいしいマンゴに出会えると良いですね!

関連ワード

お問い合わせ

商工観光課
観光振興係
電話:098-840-8135