• トップ
  • 糸満市のみどころ
  • おすすめコースガイド
  • 交通アクセス

照屋の石彫獅子(多言語表記版)

2017年3月31日

ネイティブ翻訳はこちら

English/ 簡体中文/ 繁体中文/ 한국어/

照屋の石彫獅子1.JPG

照屋の石彫獅子2.JPG

 

糸満市指定有形文化財(彫刻)

この石シシは、字照屋のヒーゲーシ(火返し)として設置されたもので、ヒーザン(火の山)と云われ人々から恐れられた八重瀬岳をにらみつけるように置かれています。

旧暦十月の「ヒーゲーシの御願」の時には、村御願が行われます。この獅子に関する資料は残っておらず、製作者及び年代は明らかになっていません。市内には座波・大里・与座・名城にも石獅子がありますが、特に照屋の獅子は見事とされ、美術的価値が高いと言われています。

獅子は字照屋741ー1番地照屋バス停脇にありましたが、平成14年3月11日、集落の発展と道路拡張により現在に移設されました。(前位置は歩道にポイントで示す)

 

1977年4月1日市指定

高さ約1m 最大長約60cm 最大幅約40cm

素材琉球石灰岩

平成29年2月 糸満市

 

【場所】〒901-0315 沖縄県糸満市照屋

お問い合わせ

商工観光課
観光振興係
電話:098-840-8135