後期高齢者医療の届け出

2020年2月4日

次の項目に該当する場合は届け出が必要です。 

こんなとき 届け出に必要なもの いつ
●65歳以上75歳未満で一定の障害のある方が加入しようとするとき 被保険者証、国民年金証書(障害年金)・身体障害者手帳・その他障害の程度がわかる書類のいずれか、印かん 障害認定を受けようとするとき
●生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書、印かん 14日以内
●ほかの都道府県から転入したとき 被保険者証、負担区分証明書、印かん
●65歳以上75歳未満で一定の障害のある加入者が、後期高齢者医療から脱退しようとするとき  被保険者証、印かん  障害認定を撤回したとき
●生活保護を受けるようになったとき  被保険者証、保護開始決定通知書、印かん  14日以内   
●ほかの都道府県に転出するとき  被保険者証、印かん
●死亡したとき  亡くなった方の被保険者証、届出者の印かん、通帳口座(葬祭費支給のため)、来所される方の身分証
●県内で住所が変わるとき  被保険者証、印かん
●氏名などが変わるとき  被保険者証、印かん
●被保険者証をなくしたり、汚れて使えなくなったりしたとき  被保険者証(紛失の場合は、本人確認ができるもの)、印かん  すみやかに

 

※届け出には個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。

 個人番号カードまたは通知カードと本人確認書類をお持ちください。

※本人以外の方が来所される場合は、委任状や身分証等が必要となります。

関連ワード

お問い合わせ

国民健康保険課
長寿医療係
電話:098-840-8127
ファクシミリ:098-840-8151