「バレーボールクラブてぃーだ西崎」熊本の被災者のために義援金

2016年4月22日

4月22日、スポーツ少年団バレーボールクラブ「てぃーだ西崎」が、アルミ缶や古新聞などの資源ゴミをリサイクルして貯めた1万円を、熊本地震災害の義援金として活用してほしいとのことから、市役所で贈呈式が行われました。

チームを代表して新垣優子さんは「戦争の大変な時に糸満市の方々を多く受け入れしてくれた地域の一つが熊本県と聞きました。そのため、私たちが少しでも熊本県などの方々のために役に立ちたいと思ってお金を貯めました。震災で困っている人たちのために使ってください」と話しました。

義援金を受け取った金城毅指導部長は「とても温かい気持ちになりました。感動しています。義援金は赤十字社を通して震災で困っている方々へ届けます。これからも頑張ってください」と話しました。

DSC_8708.JPGDSC_8714.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118