平成30年度における糸満市の温室効果ガス排出状況について

2020年5月25日

平成30年度に糸満市役所と行政関連施設から排出された温室効果ガス(地球温暖化の原因となるガス)の集計を公表します。温室効果ガス(CO2換算)の年間排出量は前年度より約1.134%(1,400,204kg)増加し、11,841,419kgでした。 

 平成30年度における 温室効果ガス排出量  11,841,419kg-CO2 (二酸化炭素換算)

 詳細は、以下のとおりです。 

平成30年度 糸満市温室効果ガス排出状況

温室効果ガス排出状況.png

 

  

・排出要因別の内訳は以下のとおりであり、電気が77.0%とその大半を占めています。

温室効果ガス排出要因内訳.png

 

・温室効果ガス排出実績の経緯は以下のとおりです。糸満市は今後5年間、基準年度の数値である年間排出量 10,089tを維持していく事を目標としています。  

 計画目標と実績推移

棒グラフ.png

 

・施設別の排出内訳は以下のとおりです。 

糸満市温室効果ガス施設別排出状況

排出内訳表.png

 

・温室効果ガスの排出割合を個別にみてみると、大量に電気を使用する上下水道が33.2%と大きな割合を占め、小中学校・幼稚園などの教育関連機関も19.4%と大きな割合を占めています。

温室効果ガス部門別排出割合.png 

 

 

 

・糸満市では第2次糸満市地球温暖化対策実効計画を策定し、温室効果ガスの削減に努めています。詳細はこちらから。 

・今回の発表資料はこちらです。

 平成30年度における糸満市の温室効果ガス排出状況について.pdf(248KBytes)

 

お問い合わせ

市民生活環境課
生活環境係
電話:840-8124
ファクシミリ:840-8154