糸満市史講座「フランス人東洋学者が見た昭和5年の糸満町」受講者募集

2018年2月13日

1930年、フランス人東洋学者シャルル・アグノエルが沖縄を訪れました。彼が糸満で記した調査ノートをもとに、現地巡見でその足跡をたどり、戦前の糸満の様子を読み解きます。

糸満市史講座「フランス人東洋学者が見た昭和5年の糸満町」.pdf(714KBytes) 

※徒歩による現地巡見です。歩きやすい服装と履物でご参加ください。
※雨具、帽子、飲料水などは各自持参してください。

日時

2月24日(土)9時より  8時45分 受付開始

集合場所

糸満市 西区コミュニティセンター(糸満市字糸満77番地の6)

講師

金城善さん(きんじょう・まさる 元糸満市立中央図書館館長)

参加料

無料
※傷害保険などの加入はありません。受講中における事故などは自己責任となります。

定員

30人(定員に達し次第締め切り)

募集期間

2月13日(火)~23日(金)正午

応募方法

電話か来課のうえ申し込みください。

申し込み

教育委員会 生涯学習課 文化振興係 TEL  840-8163

 

 

市史講座チラシ.jpg

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会 総務部 生涯学習課
文化振興係
電話:098-840-8163