「バレーボールクラブてぃーだ西崎」寄附金贈呈式

2020年6月17日

6月16日、スポーツ少年団バレーボールクラブ「てぃーだ西崎」が、高齢者の新型コロナウイルス感染症予防に役立ててほしいということで、アルミ缶や古新聞などの資源ゴミをリサイクルして貯めた1万円を市役所に贈呈しました。
チームを代表して大城理子さんは「休校期間中は家の手伝いをしたり、マスクを作ったりして過ごしていました。アルミ缶や古新聞などをリサイクルして貯めたので糸満市の為につかってください」と話しました。
寄附金を受け取った上原昭市長は「普段から取り組んでいる活動から寄附金を贈呈してくれるということで本当にありがとうございます。糸満市の新型コロナウイルス感染症の対策として有効に活用させていただきます。今後もこのようなすばらしい活動を続けてください」とお礼を述べました。
この記事について詳しくは社会体育課(☎840-8164)まで

てぃだ西崎.JPG

お問い合わせ

秘書広報課
広報広聴担当
電話:098-840-8118