市職員を装った「なりすましメール」にご注意ください。

2020年9月29日

 

※本記事は第1報(2020/7/28掲載)記事を編集・更新して作成しています。

●第2報(2020/9/29 14:00) 

 2020/7/28に当市職員を装った不審メールが届いたという事象が発生し、調査を行ったところEmotet感染に起因するものであることが判明しています。全国の自治体・民間企業・個人で利用されているメールアドレスを悪用した「なりすましメール」が複数確認されています。

 市民の皆さまにおかれましては、届いたメールに不審な点がある場合は、メール内のURLや添付ファイルを安易に開封しないようにご注意ください。

 なお、本件(Emotet感染による市職員メールアドレス等の流出)は、糸満市庁内機器のコンピュータウイルス感染によるものではありません。

 また、2020年9月に入り県内でもWordファイル(.doc)のほか、圧縮ファイル(.zip)添付によるウィルスも確認されています。ご注意ください。

 

1.市民の皆さまへのお願い

 当市職員を名乗るメールの記載があっても、不審な点がないかご注意ください。もし、糸満市職員を名乗る不審メールを受信した場合は、本文のURLや添付ファイルは開かず、担当課へ電話(代表:098-840-8111)で確認の上、お問い合わせください。 

(不審メールへの対応・注意点)

・認識のある相手からのメールでも、なりすましメールの可能性を考慮し、メールアドレス及びメール本文の内容をよく確認し、メールに記載されたURLに安易にアクセスしない。
WordやZIPファイル等の添付ファイルを安易に実行しない。
WordやZIPファイル等の添付ファイル(Officeファイル)を開いた際に、マクロを有効化しない。(セキュリティ警告が表示された際に、「コンテンツの有効化」ボタンを押さない。)

 どうしてもマクロを実行する必要がある場合には、メール送信者に電話等で確認(不審メールに記載の番号でなく、確証のある番号へお問い合わせください)し、なりすましメールではないか念のため確認することを推奨いたします。 

2.Emotetについて※

 Emotetは、メール本文のURLや添付されたファイルを開くと感染し、メール情報を抜き取り、実在の会社、氏名などを装ったメールを送り付け、二次、三次感染と拡散するコンピュータウイルスです。詳細は以下のサイトをご覧ください。

●参考 マルウェア Emotet の感染拡大および新たな攻撃手法について(JPCERT/CC 2020-09-04)

https://www.jpcert.or.jp/newsflash/2020090401.html

●参考 「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて(IPA独立行政法人情報処理推進機構)

https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html

 

関連ワード

お問い合わせ

行政経営課
情報政策係
電話:098-840-8158