個別サポート加算(1)の取り扱いについて(令和3年度報酬改定)

2021年4月30日

 

1. 個別サポート加算(1)について

趣旨

 令和3年度障害福祉サービス等報酬改定に伴い、令和3年4月からケアニーズの高い障害児を支援した場合の評価として、個別サポート加算(1)が創設されました。

 著しく重度および行動上の課題のあるケアニーズの高い障害児への支援を充実させる観点から、児童発達支援は「乳幼児等サポート調査」、放課後等デイサービスは「就学時サポート調査」により、一定の要件に該当する障害児を受け入れたことを評価する個別サポート加算(1)が創設されました。

 非重心型放課後等デイサービスについては、現行の指標該当調査の結果により事業所を2区分に分けて基本報酬を設定する方法が見直しされ、基本報酬が一本化されます。今般の報酬改定では、より手厚い支援を必要とする障害児に応じてきめ細かく加算を設定し、当該障害児を受け入れた事業所の支援を評価する構造となっています。

対象サービス

 児童発達支援・医療型児童発達支援、放課後等デイサービス
 ※1)重心型事業所は対象外です。
 ※2)重症心身障害児が非重心型事業所を利用した場合は対象となります。

対象児童

児童発達支援・医療型児童発達支援
 ・3歳未満の場合
  食事、排泄、入浴および移動の項目で、全介助または一部介助の項目が2以上
 ・3歳以上の場合
  1、2のどちらにも該当すること。
  1.食事、排泄、入浴および移動の項目で、全介助または一部介助の項目が1以上
  2.乳幼児等サポート調査の調査票5~11の項目でほぼ毎日(週5日以上)あるまたは週1回以上にチェックが1以上

放課後等デイサービス
 1または2に該当すること。
  1.食事、排泄、入浴および移動のうち3以上の日常生活動作で全介助を必要とするもの
  2.就学時サポート調査の調査票5~11の合計が13点以上 

 

2. 糸満市における取り扱いについて

 糸満市における個別サポート加算(1)の取り扱いについては、下記資料のとおりとします。
 ●個別サポート加算(1)の取り扱いについて(令和3年度報酬改定)(199KBytes)

 

3. 参考情報

参考情報(厚生労働省WEBページ)

 令和3年度障害福祉サービス等報酬改定について

参考資料

 令和3年4月以降の5領域11 項目の調査等に係る調査方法等について(898KBytes)

お問い合わせ

社会福祉課
障害福祉係
電話:098-840-8103
ファクシミリ:098-840-8152