かおる医院から市内保育施設へ紙芝居の寄贈

2021年12月24日

耳鼻咽喉科かおる医院が実施している子ども支援プロジェクト(KaFuuプロジェクト)の一環として、糸満市内の保育施設49施設に紙芝居を寄贈することとなり、12月23日糸満市役所で紙芝居の贈呈式が行われました。
かおる医院の新垣香太院長は「子どもたちの安全を第一に考え、日々奮闘されている保育施設に何らかの支援をしたい、感謝の気持ちを伝えたいという想いから今回の企画を考案しました。各施設で長く活用してもらえるよう紙芝居を5つ寄贈したいと思います。1つはコロナ感染対策について、子どもたちでも楽しみながら感染対策を理解できるようになっています。保育施設の先生たちに少しでも勇気と希望を届けることができたら本望です」と話しました。

DSC_0007_HP.jpg