【沖縄県中小企業団体中央会より】中小企業組合制度のご案内

2022年8月5日

中小企業組合とは?

 中小企業者が個々では対応できない課題に対して、相互扶助の精神に基づき協同で事業を行うことにより、経営上の諸問題を解決し、経営の近代化・合理化や経済的地位の改善・向上を図ることを目的とする組合です。

 4人以上の中小企業者によって設立でき、共同事業を通じて組合員が行う事業を補完・支援するための事業を実施します。以前は同業種の事業者で組織する組合が大半でしたが、現在は異業種の事業者で組織する組合が多く、それぞれの組合員が保有する技術、経営のノウハウ等を出しながら活動しています。

 ご興味ある方は沖縄県中小企業団体中央会までお問い合わせ下さい。

キャプチャ

沖縄県中小企業団体中央会とは?

  沖縄県中小企業団体中央会は、中小企業・小規模事業者のための組合連携組織の形成・設立・運営支援などを行い、金融や税制、労働問題など中小企業・小規模事業者の経営についての相談にも応じています。

 また、研修会の実施、専門家派遣による各種相談・指導など助成事業を活用した支援も行っています。

沖縄県中小企業団体中央会の主な業務内容について

・協同組合等の設立及び運営支援

・組合活性化のための講習会・研修会の実施

・組合の抱える問題解決のための個別専門指導の実施

・中小企業及び組合に関する調査事業

・組合等への情報提供事業

・組合等青年部の育成・強化

・中小企業の要望を各種施策に反映させる取組

・官公需適格組合をはじめとする組合の官公需受注の促進

・中小企業組合検定試験の実施

・各種共済保険の推進ほか

お問い合わせ

沖縄県中小企業団体中央会
那覇市字上之屋303番地8
TEL:098-860-2525
(外部サイト)沖縄県中小企業団体中央会ホームページ

お問い合わせ

商工水産課
電話:098-840-8137