「新型コロナウイルス感染症防止と災害時の避難所計画のあり方」について

ご意見・ご要望


糸満市作成のハザードマップにより避難場所の場所は分かりますが、昨今の感性症防止から当初計画した避難所の場所・広さ・収容人員、避難所備蓄の用品の再考は行っているのでしようか?
新型コロナウイルス感染防止を考えた場合、現行避難所計画では離隔距離を考えた場合、狭くなるのではないでしょうか?
また、避難所の運営形態や必要とする災害用品の保管数に疑問が感じます。
また、避難所を移す計画の場合は、その事実を早めに市民に連絡すべきと考えます。
各避難所には、避難所運営員会は誰が実施しているのか分かりません。(会長、副会長、医療班、避難介助班、施設班、通信班、食糧班や避難資機材の確認等々)
これ等を市民が分かるように連絡して頂くと共に、実際に各避難所毎に避難訓練を避難所運営委員会が主に行うべきと考えます。
絵にかいた計画では、有事には果たして使えるものでしょうか?
実際に訓練を実施し、得るものが沢山有ると思います!。
感染症対策を考えた場合は、大きな問題が生じる事を危惧します。これらの対策案を早急にお知らせください。

 

回答

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
標記につきまして総務課から回答させて頂きます。この度は貴重なご意見ありがとうございました。

1.感染症防止の観点からの避難所の再考について
 ご指摘のとおり、多くの避難者が生じた場合、既存の指定避難所のみでは感染症のリスクが高くなります。そこで、感染症防止の観点から避難者の「3密」を防ぐため、指定避難所以外のサブ避難所(公民館や集会所、その他の公共施設、宿泊施設等)の確保を検討しており、その調整を行っております。
 また、感染症に備えた備蓄については、マスク、消毒液、体温計などの調達を図っておりますが、行政備蓄にはその限界もあるため、市民への避難時の携行についても呼びかけを行う方針です。

2.避難所を移す計画の市民への周知について
 現在、避難所を移す計画はありません。しかし、災害発生時、指定避難所に縛られずにサブ避難所など避難所の増設や拡張を行うことが十分想定されるため、その時には市広報担当者と防災情報伝達手段(防災行政無線やエリアメール等)などを活用し、速やかに多重の伝達で市民へ周知を行う必要があると認識しております。

3.避難所運営委員会について
 現在、既設の避難所運営委員会はありません。現行では、避難所が開設された場合に、避難者の代表者と市担当、支援者などの構成メンバーで立ち上げることとなります。これまで避難所運営委員会の設置訓練はありませんが、避難者受付などの避難所運営の一部業務訓練は行われております。

 ご指摘のとおり、市防災対策には多くの課題があり、ひとつずつ着実に施策を講じていく必要があります。ご意見の中でも、平時から避難所運営委員会が設置され実践的な訓練が行える状況は理想と考えます。そういった状況に近づけるよう、市民の防災意識の向上に努めてまいりたいと考えております。

お問い合わせ


・総務課
電話:098-840-8113

前のページへもどる