「闘鶏の禁止」について

ご意見・ご要望


県外の者ですが、SNSで話題になっている沖縄の闘鶏が非常に気になっています。
つい先日、闘鶏を禁止にする条例の制定を求める陳情書が集められたものの、審議未了になったとのこと。公開された傍聴の掲載も見ました。
糸満市の議員の皆様は、闘鶏(違法賭博、動物に対する暴力、加害、鶏からの病気感染リスク)を軽視されているのでしょうか?
また、糸満市には違法賭博の闘鶏で傷つけられた鶏をボランティアで保護されているクックハウスさんがあります。市長様もご存知のことだと思います。
せめて今すぐに違法賭博である闘鶏を禁止できないのなら、クックハウスさんに支援やボランティア募集などのお声がけなどお願いできないでしょうか。

回答

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
標記につきまして市民生活環境課から回答させて頂きます。この度は貴重なご意見ありがとうございました。

本市においては闘鶏における違法行為等の事案があれば警察等の対応を仰ぎ、法的措置にて処罰を求めていく次第であります。
闘鶏については看過している訳ではなく闘鶏を含む動物虐待は犯罪行為であると、市広報、ホームページ、チラシ等で周知を図っております。
闘鶏等の違法行為等があれば、「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき適正指導に努めてまいります。
また、愛護動物を虐待したりする遺棄行為についても犯罪行為にあたりますので、沖縄県や警察の方々と連携し対処していく所存でございます。

お問い合わせ


・市民生活環境課
電話:098-840-8123

前のページへもどる