「多胎児支援」について

ご意見・ご要望


多胎児支援を検討していただけないでしょうか?
他県ではヘルパー派遣など利用できるところもあります。
周りに知り合いもいないため日中は双子を一人で世話をしており、外出するにしても準備をするだけで一苦労です。また、準備中に双子がぐずれば外出すら困難になります。
多胎児を育児している方は、1日を怪我させずに無事に過ごすこと、これだけで毎日精一杯だと思います。自分のことなど全て後回しが当たり前になります。

子供は可愛いです。だからこそこれから出産を控えてる方が不安なく育児できるように産後のヘルパー派遣や保育園への優先入所など、支援策をご検討ください。

回答

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
標記につきましてこども未来課から回答させて頂きます。この度は貴重なご意見ありがとうございました。
多胎児支援
 ①ヘルパー派遣
  ヘルパーの派遣について、ひとり親家庭等を対象にヘルパー派遣事業を実施しているものの、多子世帯や多胎児世帯は事業の対象とはなっておりませんので、今後の参考にさせていただきます。

 ②保育園への優先入所
  多子世帯や多胎児に対する育児支援について、昨年度策定した第2期糸満市子ども・子育て支援事業計画において、以下の支援策を検討しております。
 ・保育料の軽減
  幼児教育・保育の無償化の対象外となる0~2歳児の課税世帯に対し、兄弟で利用する場合の保育料を、最年長の子どもから順に2人目は半額免除、3人目以降は全額免除となる軽減を実施し、多子世帯の保育料の軽減を図ります。
 ・入所施設の配慮
  兄弟姉妹が、同じ施設に入所できるよう利用希望施設の調整に努めます。
 ・各種サービスの優先的配慮
  多胎児の保育入所の際に無条件での優先入所は行っていませんが、家庭の状況などから特に支援が必要と判断された場合には、優先的に入所調整します。
  その他、多子世帯・多胎児の育児支援として、一時預かり利用料の無償化及び軽減など、各種子育てサービスにおいて、優先的配慮に努めます。

お問い合わせ


・こども未来課
電話:098-840-8191

前のページへもどる