「新生児特別定額給付金」について

ご意見・ご要望


 給付金の対象者の条件についての要望です。
 私は市外から糸満市に異動してきました。子を今年7月に出産し、糸満市にて出生届を提出しています。
 新生児特別定額給付金の対象が
 「令和2年4月28日から令和3年4月1日までの間に生まれ、出生により糸満市に住民登録をした新生児」
 ということですが
 給付条件が
 (1)母親が令和2年4月27日時点で糸満市に住民登録していること。
 (2)子どもが出生により母親と同一世帯に住民登録していること。
 (3)母親と子どもが新生児特別定額給付金申請時点まで、継続して糸満市に住民登録していること。
 の為、(1)のみ満たさないので対象外になります。
 異動前の市でも新生児特別定額給付金があるので調べた所、同じ給付条件の為給付金が貰えません。
 これでは同じ時期に産まれた子供なのに給付金の有無が生じるのは不公平だと思います。
 どうかこの様な対象外の新生児にも給付対象となる様に条件を改定して下さい。

回答

 

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 標記につきましてこども未来課から回答させて頂きます。
 新生児特別定額給付金の事業化の経緯として、
 ・新型コロナウイルス感染症の影響により、妊産婦や新生児を抱える家庭は感染防止への取組みを強化する必要があること。
 ・国の特別定額給付金の対象とならない基準日(令和2年4月27日)の翌日以降から今年度中に出生した新生児への支援の枠組みの検討。
 の2点を整理しました。

 そこで、本市の独自政策として、新生児特別定額給付金を新設しておりますが、支給要件等として以下のとおり規定しております。

 (支給要件等)
 第2条 市長は、次の各号に掲げる要件を満たす者に対し、給付金を支給する。
 (1)令和2年4月28日から令和3年4月1日までに出生していること。
 (2)母親が令和2年4月27日時点で本市に住民登録していること。
 (3)子どもが出生により母親と同一世帯に住民登録していること。
 (4)母親と子どもが給付金の申請時点まで、継続して本市に住民登録していること。
 2 申請及び支給対象者は、新生児を養育する父又は母とする。
 3 支給金額は、新生児1人につき50千円とする。

 
 上述した第2条(2)には該当しないものの、配偶者(ご主人)が令和2年4月27日時点で本市に住民登録していれば新生児特別定額給付金の対象者に該当します。

 なお、新生児特別定額給付金については、県内の全ての市町村が事業化しているものではなく、市町村独自の緊急経済対策の一環として実施しております。

 よって、国の特別定額給付金の基準日時点で父又は母が本市に住民登録していることが支給の要件と位置づけていることから、要件の緩和はできない旨を念のため申し添えます。

お問い合わせ


・こども未来課
電話:098-840-8191

前のページへもどる