「中央図書館の窓口業務のみ民営化」について

ご意見・ご要望


10月から窓口業務の民営化が始まったようですが、利用者からすると特段変化がありません。

 多分運営上からは些細な意味づけはあるのでしょうけど、利用者からすると目に見えた"向上"を感じません。
 (例えば、すごく多い休館日が少なくなるとか→少なくとも月祭日の翌日の休館はなしに)
業務委託した訳ですから、目に見える"向上"をお願いします。 

回答

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
標記につきまして中央図書館から回答させて頂きます。

本年10月から実施しております窓口業務民営化の背景には、長らく欠員の生じていた司書の安定的な人材確保及び民間のノウハウを生かした各種研修による司書の資質向上等よりよい図書館運営を行う目的がございます。
「目に見えるサービスの向上を」とのご要望でございますが、受託事業者のこれまでの公共サービスの豊富な経験に基づくノウハウを活用し、来年度から、障がい者や高齢のため図書館に直接来館することが困難な利用者に対する、宅配サービスの開始など新たなサービスの提供も予定しておりますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
頂いたご意見を今後の図書館サービスに生かすよう努めてまいります。

お問い合わせ


糸満市立中央図書館
電話:098-995-3746

前のページへもどる