「緊急事態宣言における北名城ビーチ利用」について

ご意見・ご要望


県が発令した緊急事態宣言期間中、以下の理由により北名城ビーチがコロナウイルス感染拡大の温床になる可能性がある事から、閉鎖を要望致します。

 ・北名城ビーチはキャンプやBBQをする人で賑わっており、今では平日もかなりの人が来訪している。週末に至っては、びっしりとテントが並び、屋外であったとしても、過密状態である。そんな状況で飲食を行えば、感染の温床となり、クラスターが発生する可能性は否めない。

 ・上記により、トイレでの感染も起こりやすくなっていると推測される。

 ・沖縄県総合運動公園キャンプ場等、有料キャンプ場も緊急事態宣言の間は宿泊は受け入れていない。そう言った状況から管理者の居ない北名城ビーチに、キャンパーが押し寄せる可能性が考えられる。

 ・飲食店や居酒屋等が時短営業している為、居酒屋代わりのつもりかキャンプ地で飲んでいる人が多数居る。状況確認のため夜間に北名城ビーチに赴いたが、代行を呼んでいる人も数名居る状況。

 ・南部だけでなく、中北部からもキャンパーが押し寄せている。
 マナーも守られておらず、地域の方も迷惑しているとの声もある。

 市内でクラスターや大規模感染の原因となり得ると考えられる為、市民の安心、安全な生活を守る為にも、何卒ご検討宜しくお願い致します。

 

回答

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
標記につきまして農村整備課から回答させて頂きます。


本件に関しましては、当該海岸区域(北名城ビーチ含む)を管理所管する沖縄県南部農林土木事務所へ、糸満市から緊急事態宣言期間中において感染拡大抑制を意図した対応について相談したところ、関連施設を管理所管する関係部署等で対応することになりました。
 ・北名城海岸(沖縄県南部農林土木事務所) 感染拡大防止協力の看板設置
 ・近隣農道(糸満市農村整備課) 迷惑駐車禁止措置のカラーコーン設置
 ・近隣保安林(糸満市農政課) 立入禁止措置のカラーコーン設置
 ・トイレ(糸満市観光・スポーツ振興課) 感染拡大防止の注意喚起の貼紙
 以上の対応を図っておりますが、当海岸区域の利用につきましては、海岸を保全しつつ利用促進を図る目的があることから、海岸利用を著しく制限することなく、利用者へ配慮事項として自粛をお願いしている状況であります。何卒ご理解頂きますよう宜しくお願い致します。

お問い合わせ

 沖縄県南部農林土木事務所 計画調整班 098-867-2886
 糸満市 農村整備課 098-840-8136
 糸満市 農政課 098-840-8134
 糸満市 観光・スポーツ振興課 098-840-8135

前のページへもどる