「観光文化交流拠点施設の壁色」について

ご意見・ご要望

 現在建設中の観光文化交流拠点施設の向かい、 Fステージ潮崎に住んでいます。

 施設の壁色が真っ白で、晴れた日の午前中には日差しが反射してとても眩しいです。

 特に施設の屋上の飛び出た部分? (展望スペースか何かでしょうか?)の正面にあたるため、目が悪くなりそうです。

 うっかり陽の反射した壁を見ないよう、午前中はベランダに出ないようにしたりカーテンを閉めるようにしていますが、これがずっと続くのは苦痛です。

 せめてマンション側だけでも色を変えていただくか反射しないような施工はできないでしょうか?

 ご検討の程よろしくお願いします。

回答

 

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 標記につきまして政策推進課から回答させて頂きます。

 はじめに、施設の屋上の飛び出た部分については、フライタワーと呼ばれ、大ホールの緞帳(どんちょう)等を収納する部分となっております。 フライタワーより下層については、足場が解体されてないため、施設全体の色味が分かりづらい状態ですが、白色を基調としながらも、ボーダーが入り、反射が軽減できる外壁色としております。

 また、外壁の基調色である白色は、「マンセルカラーパレットにおける明度8以上、彩度2以下」となっています。この白色は、「糸満市風景づくり条例・市風景づくり計画」の基準に合致した色であり、選定にあたっては、届出書を提出し、適合通知を受けております。

 なお、本施設はネーミングライツの導入を予定しており、フライタワーの外壁につきましては、ネーミングライツパートナーと協議のうえではありますが、年度内には看板等が設置される可能性があります。看板等設置の際には、ご指摘にある反射が改善できるよう、ネーミングライツパートナーと調整していきたいと考えております。

 ご不便をおかけして大変申し訳ございませんが、ご猶予を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

 政策推進課 098-840-8121

前のページへもどる